作務(掃除)

気持ちよく練習するために、作務(掃除)を行います。

作務は修行のひとつなので、先輩・後輩関係なく全員で行います。

準備運動

しっかり準備運動をし、怪我防止に努めます。

また、大きな声で号令をかけることで練習に取り組む姿勢をつくります。

アップ

アップでは、空乱(当て止めの乱捕)やランニングを行います。

基本練習

少林寺拳法の基本となる動きの練習をします。

主に突き・蹴り・受け・単独演武などです。

移動練習

移動しながら突き・蹴り・受け身などの練習をします。

足は手に比べ不器用なので、足捌きの練習が重要となります。

技術練習

級・段別に分かれて、技を習います。

先輩は後輩を指導することで技の復習をし、技を深めていきます。

相対練習

技術練習で習った技を復習します。

技術練習の時間だけでは、技を自分に身に付けることはできません。

相対練習の時間に回数を重ね技術を身に付けます。人十度、我百度です。

運用法

フェイスガード・胴・ファールカップ・軍手などの防具を着用し、

安全な環境で乱捕りをします。

技術練習や相対練習のおさらいでもあります。

演武練習

演武には、単独演武・組演武・三人掛け・団体演武があります。

 

演武の修練により、身に付けた技術の動きの無駄を省きます。

気合・気迫なども評価の対象となるため、

技術と同時に精神も鍛えることができます。

筋トレ

拳立て・腹筋・背筋・屈伸蹴りなどを行います。

 

柔軟体操

柔軟体操は毎日行います。

徐々に体を柔らかくしていき、きれいな上段回し蹴りを目指しましょう。

作務(掃除)

最後に、体育館に感謝の気持ちを持って掃除をします。